なぜ格安飛行機は安いの?!なぜエクストラ費用がとられるの?

大体格安飛行機に乗る前には皆さんが「なぜ格安飛行機は安いの?」という疑問を持つ方がほとんどです。それ以外にも、格安飛行機に乗る度に「なぜ?」という疑問は生まれることになります。

例えばなぜエクストラ費用がとられるのかなどがそれに値するのですが、その「なぜ」にここで歯応えていきたいと思います。

格安飛行機がなぜ安いのかは、企業努力にあり!に尽きる

皆さんが絶対に格安飛行機を利用する際に疑問を抱くことがこれではないでしょうか。格安飛行機がなぜ安いのかということです。では、その答えを見ていきましょう。この答えは、企業努力にありという言葉に尽きると言えます。

どういうことかというと、私達が格安で飛行機を利用できるように、まずカットできる部分はカットしているということです。例えば、予約の段階からそれは始まっていて、基本的に格安飛行機を利用する際にはインターネットを使って予約するのが一般的です。

電話や空港カウンターでスタッフの手を使って予約するとなった時には、手数料が発生してしまうこともあります。人件費をオンライン予約でカットしているのです。そして、チェックインの方法もそうです。

昔は必ず空港カウンターで手続きをするというのが当たり前でしたが、今はもうオンラインチェックインをパソコンやスマホなどで事前にやる、もしくは空港でもオートチェックインマシンを使ってチェックインしますよね。

ここでも人件費のカットをしています。では、飛行機はどうなのかというと、飛行機は機材によってパイロットが持たなければいけない免許が異なります。しかし、機材を統一してしまえば、色々なパイロットを雇わずに済むということで、ここでもコストカットができるのです。

また、機内サービスですが、これも、今までは飲み物とお菓子のようなものが国内線でも出ていましたが、最近そういった航空会社が少なくなってきてると思いませんか。

こういったサービスも省けるサービスと考えたので、省いたのです。そうすることで、航空券の値段をぐっと下げることができ、私達は今、格安で飛行機を利用することができているのです。

なぜ格安飛行機はデメリットがありつつもみんな利用するのか

格安飛行機はとにかく安いということがメリットとなりますが、予約が変更できないなどのデメリットもあるのです。しかし、そんなデメリットを知りながらも多くの方が格安飛行機を利用していますよね。

では、なぜ格安飛行機はデメリットがありつつも皆さん利用するのでしょうか。この理由は、「普通」に使うのであれば、格安飛行機は全く持ってデメリットなものだと感じないからです。普通に使うというのは、飛行機を利用して旅行に行くということです。

ここに予約変更をする必要性が出てきてしまったなどの変化球が加わってしまうと格安飛行機はデメリットとなることもあります。しかし、行きたい日にちに格安飛行機の航空券を予約して、その日に飛行機に乗るというのであれば、値段が安い格安飛行機に対して皆さんデメリットを感じていないから利用するのです。

もちろん、「ああ、国際線なのに格安飛行機だから機内食がないのはちょっと残念だな」なんて、ネガティブな思いをすることもあります。しかし、それがなくてもこれだけ安く旅行できるならという考えの方が大きい方がほとんどですから、格安飛行機の利用者は後を絶ちません。

それだからこそ、どんどん格安航空会社やLCCも誕生し、さらなる格安を追求している航空会社もたくさんあります。今まで飛行機を使って移動したかった所も、飛行機だとかなり料金が高くてそれができなかった。

でも、格安飛行機ができてくれたおかげでそれができるようになった、昔に大変な思いをされた方は余計に格安飛行機にはデメリットがあることを知りつつも乗ろうと思うでしょう。

そういった方も少なくない、そして、デメリット部分を知りつつも、それに気を付ければ格安飛行機は安くうまく利用できる乗り物だととらえている方が多いと言えます。

なぜ格安飛行機はこんなにも増加傾向にあるのか

日本にもどんどん格安飛行機が乗り入れていますよね。では、なぜ格安飛行機はこんなにも増加傾向にあるのでしょうか。昔からある航空会社もあれば、最近誕生したばかりの格安航空会社もたくさんあります。

こんなにも増加傾向にあるのは、昔に比べればはるかに飛行機の利用者が激増しているということがあるでしょう。そもそも、昔の航空券代金は、今では考えられないほど高く、東京からフランスのパリまで片道エコノミークラスで50万円以上していた時代です(当時の50万円ですから今で言えばもっと高い金額です)。

今は、その往復の値段であれば、アメリカまでファーストクラスで行けてしまう値段です。時代は変わり、世界はグローバル化しました。そのため、仕事で海外へ何度も行かなければいけない方も多くなりましたし、海外へ旅行へ行かれる方もかなり増えました。

そうなってくると、今までの航空会社の数だけでは追いつきません。そのため、どんどん新しい航空会社が生まれてきますが、航空会社がいくつあっても利用者はどんな航空会社でも乗れればいいやと思ってしまいますよね。

しかし、料金に差をつけたらどうでしょうか。少しでも安い値段の航空会社に乗ろうと、多くの方が思いませんか。その結果生まれたのが格安飛行機です。どの航空会社よりも安い航空券を提供する航空会社がどんどんと生まれ、今や大手航空会社もLCCも一緒になって価格競争を繰り広げている状況です。

こんなに格安飛行機が誕生すれば、もう普通運賃の飛行機なんて出したって、誰も乗りたいと思いませんよね。なぜなら安い航空券があることを知っているからです。そんなことから格安飛行機が増加傾向にあり、今後もますますその数は増えると容易に予想されます。

なぜ格安飛行機は色々な所で費用が発生する仕組みになっているの?

格安飛行機を利用したものに、「あれ、普段はこんな所にチャージされるなんてことはないのにどうして格安飛行機を利用したらされることが多いのだろう」と、疑問を持ったことがありませんか。

なぜ格安飛行機は色々な所で費用が発生する仕組みになっているのかを見てみましょう。格安飛行機の料金のベースは、本当に基本的なもの(わかりやすく言えば、飛行機に乗るという行為だけ)のみしか含まれていません。

例えば、LCCなどでは、預け荷物をすると、その荷物の分がチャージされます。しかし、預け荷物をするということを事前に申請しておけば、通常2,000円の料金が1,000円になるとしましょう。ですが、当日空港でその手続きをすると、2,000円になります。

自分で手続きすれば、人件費がそこでカットされます。しかし、空港で手続きとなると、スタッフの手が加わっているために、これは人件費がかかっている状態になります。基本的なものしか含まれていない格安飛行機代金なので、何かが加わることによってどんどん加算されていくシステムになっているのです。

本当に最低価格で格安飛行機を提供する航空会社に関しては、座席を指定するだけでもお金がかかります。その選んだ席も人気の席であればあるほど料金が高くなっています。他にも、飲み物や食べ物のサービスが格安飛行機の場合は、国際線でも有料になっています。

大手航空会社の航空代金にはこういったものが含まれているのですが、格安飛行機の場合はこれが含まれていないので、別途支払わなければいけないのです。

ただ、荷物も少なく、スマートな旅行ができる方には格安飛行機のこういったシステムはほぼ関係ないので、安さをフルに楽しんでいただけます。

格安航空券 国内はコチラ